スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2枚切れのカンチャン

何考えて何切ったかとかを雑魚なりに考察してみる記事を書く練習。

今日のテーマは、2枚切れのカンチャン待ち。

20101201.jpg

東1局0本場11巡目 北家

234m557p1233789s ツモ1s ドラ9p

一盃口のみのカン2sでテンパイ。
場に動きはなく、リーチも入っていないこの状況で、2sは残り2枚。

待ちは結構悪いですが、先制リーチをすれば最低2600点、十分な手変わりもないと判断してリーチをしました。

ですが、2枚切れのカンチャンをリーチってどうなんだろうって。
シャンポンでも片方が2枚枯れとかだとすこしリーチかけづらいですよね。

最近の私の判断基準では、この順目で残りの見た目枚数が2枚の場合は先制で2600点以上ならリーチ。
追っかけだった場合と、先制でも1300点だったら降りたりしています。


…結果は親に追っかけられて11600の放銃となりました\(^o^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TaNaKa

Author:TaNaKa
点五~点ピンのフリー雀荘に通っている負け組NEETのTaNaKaです。
ネット麻雀は天鳳をやっていて、雀荘モードは若葉東南祝儀2、段位戦は現在6段で特東を打ってます。(2012年1月現在)

最新記事
ツイッター
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスカウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。